MUSIC & 歌

2017年9月 2日 (土)

ゲートシティへGO!!

ここ数日寒い!! 

アメリカのテキサス州。大型ハリケーン「ハービー」もとんでもない被害をもたらしてる!!

テキサス州はメキシコにも比較的近く、国際空港が凄い大雨と風で滑走路が水没。大変な映像が映ってました。友人二人が丁度30日にメキシコに着いていたので凄く心配したけど何とか無事着陸&帰宅したみたいで一安心。

地球上全てに異常気象が続いてます。

これは本当に恐ろしい事。随分前から私が懸念、感じていた事が身近になってきている・・・。

その上馬鹿な人間はさらに自然破壊をし続けている

「ノアの箱舟」見たいな事が起きない限り気が付かないのかな~。

また、ちょっとテーマがよそ見してしまった。

異常な夏不在の中。今日も寒いですね。

一気に10月秋の気温みたいになってる。

ちょっと上着でも羽織って行かないと夜はもっと寒そう。

そうなんです。今日はKOJIとSAWAKAのレストランライブ。

イタリア料理。パスタもラザニアもニョキも勿論ピザも大好き。

二人の音楽聴きながら3ステージ座って応援してきます。

久し振りのおあそび。嬉しいです。

JR大崎駅直結

大崎ゲートシティの地下1階 「トレスカリー二とうきょう」です。

チャージも信じられない1000円と言う安さ。そして飲食代となります。

都心だと言うのに安いね~。

でもね・・・。 台風の影響だけが心配

ではお近くの方、ジャズラテンナイトに興味のある方


Trescalini Tokyo でお会いしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の新曲。 おかんはマネージャーで

先日KOJIは初体験してきました。

何とあの「歌謡コーラスグループ」と言うのでしょうか。

「コモエスタ赤坂」「別れても好きな人」のヒット曲をだしたロスインディオスさんの新曲に呼ばれレコーディングに参加してきました。

Gui

りっぱなダッチ・ママスタジオ

Photo

ステージでは何度かご一緒させて頂いた事もあるのですが、レコーディングとなると話は別です。一体どうなる事やら想像もつかぬまま一緒に行ってきました。

(スタンバイOK!!)

Photo_2

スタジオらしくない素敵なスタジオ。

Photo_3

なんせこのジャンルは演奏するのは初めてで御座います

(あの四角い中に写ってるのがKOJI。ブースに一人籠りレコーディングしてます。)

Photo_4

川中美幸さんとのコラボ経験がここで生かされるか・・・🎸

しかし やっぱり 出た 
笑っちゃいけないけど吹き出してしまったプロデューサーとの真剣なやり取り

P 「ここまでフラメンコ調で熱くカッコ良くお願いします

K 「はい ここまで決めれば良いんですね ここから先は歌謡曲になるんですもんね」

・・・ 爆笑 (≧∇≦)

すっ すっ m(_ _)mす・み・ま・せ・ん・・・・`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

で・・・ 無事終わりました。余裕のコーヒータイム。

Cafe

楽しそうに笑っております。良かったね~。終わって。

Photo_5

サロンに置いてたトーニョ中野さんのギタロンを取って遊び始める。

メキシコのマリアッチで使われているでっかい🎸のようなベース。

Photo_6

ん~・・・ これは中々難しいぞ。

Photo_7

そこへギタロン先生のトーニョが。 自慢げなこの顔。(笑)

Photo_8

KOJIも調子に乗ってせんせいをパチリ

実はトーニョ先生。事務所の社長さんなんです。(*≧m≦*)

Photo_9


その間にスタジオでは鳴尾さんの番。 四苦八苦して録ってます。

Narup

新しい経験をさせて貰ったKOJI. 良い一日でした。

Photo_10



そんな新曲
 秋発売だそうです 

ロスインディオス 「あなただけに」



お楽しみに~~~💛🎸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

歌 youtube

私にはアレハンドラと言うメキシコ人の友達がいます。

KOJIが生まれる前からの古い付き合い。私がメキシコへ行った時の最初の友達です。

彼女は草加に住んで居て、ご主人は昔、独身の時にメキシコシティに地下鉄走らせた人。
そして大好きだったボクシングをメキシコのジムで本格的にトレーニングした人。

今の亀田3兄弟の走り?? (笑) メキシコはボクシングが世界的にも強いから。

その時に知り合ったのがアレハンドラ。17歳で結婚。埼玉の草加に住んで居ます。

好きが高じて、草加にボクシングジムを作り、「ここからボクシング日本チャンピオンを出すんだ!!」と言ってました。日本チャンピオン出たのかな~。(笑)

彼女も良くその若さで日本の習慣を受け入れ我慢できたな~と感心します。
日本の17歳って、渋谷や新宿で遊び盛りでしょう。流行の洋服着て流行のレストランで友達と食べて、スマホで写真撮って、フェイスブックやインスタグラムでUPして・・・。

友達は17歳で日本に来て、辛い事も沢山今でもありそ・・・。私に時々こぼすもの。

その彼女が前から「TAKAKOと中々会えないからせめて歌だけでもYoutubeにあげて。そうすればTAKAKOのメキシコの歌も聴けるし。」
それを言われていたのが10年程前。

やっとあげる事が出来て

(いやいや息子殿があげてくれました。) 

早速彼女に知らせたら凄く喜んでくれました。
そして一言。
「JUAN(亡夫)がいつも言ってたよ。TAKAKOはとてもプロフェッショナルだって。」息子の父親で私のラテン音楽の師匠みたいな人ですが。

生きてる時は私は彼に褒められた事が余りない・・・ですね。(笑)

とにかく厳しい人で何時間もひたすら勉強させられたMEXICOの記憶しか有りません。
でも私の友人にはそういつも言ってたらしい。

人を褒めたのを聞いた事がないし、ましてや私をけなす事は有っても褒められた事はありませんよ。(笑)

凄く嬉しくなりました。  モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

そしてそれを久し振りに感じたのが、フェイスブックに載せた後!!
あっという間に沢山のコメントが来ました。

今迄載せて居なかったのでその反応には驚きました。

これからももっともっと精進して皆さんに応援して頂けるように頑張ります。

宜しくお願い致します。m(__)m


゜.+:。(*´v`*)゜.+:。(*´v゚*)ゞ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。(*´v゚*)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

喫茶ロビン 生音ライブ ~母息子編~

先程の続編。

「おかんといっしょ」写真を撮って下さってた方から写真が届いた。
折角ですのでここに掲載します。

歌は3曲ですが親子漫才健在!!

沢山皆で笑いあって楽しい時間となりました。

ま~こんなに大きくおっちゃんになって。髭まではやして。(笑)

Photo_9

漫才で皆も大爆笑!!

Photo_8

小さい時は本当に子供っぽかったのにな~・・・。


時が過ぎた事を実感。

Photo_10

嬉しそうな顔。(笑) 本当に楽しいライブでした。 

Koji1

又皆さんとお目にかかれる日まで。


(*^ω^*)ノ彡🎶 (◎´∀`)ノ🎤 ヽ(´▽`)/~~~ 🎸 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生の音

自宅の近くにある小さな喫茶店「ロビン」

練習の合間に気分転換に散歩をするのがKOJIの日課。
そんな時に見つけた喫茶店。
都会のど真ん中にあるお洒落な喫茶店ではない。
大きなTV画面が有って、前にKOJIに連れられて初めて行った時は、オーナーのおかあさんが嬉しそうに「昼顔」を見てた。(笑)
斉藤工さんに会ったばかりでとても親近感を感じていた時だったので、私も一緒になって見た。(笑)
そんな喫茶店「ロビン」で、8日KOJIが初の生音ライブをした。

大成功!! 完売御礼!!満席!! 20名限定ですが。(笑)

ギター1本でどこまで完成度を追求できるか? 

Photo_6

そんなに簡単な事では無い。何もサポートが無い。 楽器も機材も派手な照明も・・・。

だからこそ🎸を知らない人、音楽を知らない人、ラテン音楽に興味を持たなかった人・・・。
そんな人達がし~~んとして一音を逃さないよう、KOJIの一言一言を聞き洩らさないよう集中している。


Photo_4

後ろから皆さんを見ていて、逆にそんな空間だから神経集中させ、身を乗り出して1時間のライブを一生懸命聴いて下さっている空間を確認した。

私はこんなに何も手をかけず、演者の演じるそれだけでこれだけの空間が出来てしまうんだ・・・と変な感覚になった。(笑)

何でも手に入る時代。 何でも出来てしまうようになった。
だから余計に派手に色々な物を付け足してしまう事に慣れて来た。

メキシコ生まれの息子はそんなまやかしに興味を持たない腕と心ひとつで十分に伝えられると確信しているかの様。

勇気が有るわ~。 
これは急に呼び出され、気が付いたら3曲歌わされてた時の写真。(笑)
まさしく「立ってる者は親でも使え」
Photo_7

5年前のアルゼンチンコスキンフェスティバル本選。

5万人の観衆の前で、前のグループが爆音とダンスで派手にパフォーマンスをした後に、KOJIがギター1本でステージに座り演奏した。

その時の主催者が言った言葉を思い出した。


「あなたの息子さんを誇りに思いなさい。この場所でこれだけの観客の前で、あの派手な演奏とパフォーマンスの後で、たった1本のギターでステージに一人で座っている。何て勇気のある人なんだ」
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喫茶ロビン 生音初ライブ

猛暑が続いてます。 

そんな中、地元の毎日の散歩ルートでKOJIがも見つけた可愛い喫茶店「ロビン」なんとついにそこでもライブをやってしまいました。 また、そこへ音響を入れている業者さん主催のお祭りでも出演が決まったとか。 

私の知らない所でドンドン行動範囲を広げちゃっかり仕事まで取っておりました。(笑)

小さな喫茶店なので直ぐに完売。一体となった素晴らしい生音ライブが出来ました。暑い中お越し下さった皆様にはとても感謝しております。本当に有難う御座いました。

下はKOJIのブログのコピーです。

目を通してみて下さいね。



Buenas Noches!!

日付け変わって昨日、喫茶ロビンで行われたIRVING KOJI アコースティック・ソロライブは満員御礼、大盛況の中、無事終えることが出来ました♪

外の暑さにも負けない!

皆さんのパワーに背中を押され気持ちよく演奏することが出来ました♪

途中でわたくしのOKAN=TAKAKOにも入ってもらい3曲ほどお届け!

伸びのある優しい歌声に皆さんも大喜び。

親子漫才もばっちり!

良いものですね〜♪

遠くは埼玉、そして地元、川崎からも多くの方々にお越しいただき大感激☆

最後に皆さんと記念撮影♪


IRVING 3兄弟  KIO君・KOJI・まさ


3

いつも応援して下さってる地元の方々

Photo

生姜焼きでいつも力を貰ってます。定食「みのり亭」のまさとお母さん

Masa

FANの方

Fan

飛鳥Ⅱで大ファンになって下さった方。埼玉から来て下さったと聞き感謝感激!!

Fan2

KIO君のお友達も一緒に・・・。

Kio

まさ・KOJI・KIO君・お友達

Masa_2

FANの方 有難う御座います

Fan3

左がオーナーで主催者の尚美さんです。お世話になりました。

Photo_2

この後私が急いでたので一緒に来てくれてた仲の良いYOKOちゃん・YUKOさんとの写真が撮れなかった。

残念

次の機会に。

沢山撮って沢山載せるからね。

(○゜ε゜○)ノ~~ ありがとね~~~💓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

マダムバタフライ 

昨日は銀座のヤマハホールへ行って来ました。

お会いした事のないローマ在住のソプラノ歌手。
平井富司子さん主演のプッチーニ作曲。オペラ「マダムバタフライ」を観に行く為。

それも仲の良い阿部さんご夫妻の紹介で何と関係者の方がご招待して下さったのです。

流石のヤマハグランドピアノとヤマハホール。最高の一時でした。

物語は長崎に駐在していたアメリカの海軍士官ピンカートンと長崎の芸者「蝶々夫人」の悲恋の物語。オペラや映画になると悲恋でドラマチックなラブストーリー。

だがね。はっきり言って外国人の現地妻。愛人としてしか考えて居ないずるい男と、人生をかけた一途な日本人女性の話。 


とにかくよくあるパターン。各港や各国に一人ずつ居ると言う。




子供の頃音楽の授業で聴いていたあの時の私とは違うのさ。

ようするに蝶々さんは都合の良い長崎の現地妻。 も~~腹が立った。


それを世紀の大ロマンスみたいにプッチーニが美化して。
こんな外国人は昔も今も山ほど居る。

寂しい海外駐在の時の都合の良い愛人だった訳。

子供まで作って。しかもしゃーしゃーとアメリカ人の嫁に子供を迎えに行かせる。自分は逃げてる。 最低な男。 


物語に腹立てても仕方がないか。(笑) 

一緒に行った阿部さんが「まさかたかこさんがオペラでここまで腹立てるとは思わなかった」だって。確かにそ~だ。(笑) 

長崎在住時に結構身近に現実的にこの話や、ドイツ人の医師、シーボルトとお滝さんの話も聞いてるし。 そんなに美化をしていない。 


又世界中廻ったり、日本に公演に来てる浮気者ミュージシャンも一杯見てるとそんなに美しい物語には思わないので有ります。 
そう。 

子供の時は歴史に残る国際結婚で悲しい物語・・・と涙したけど。 

結局、アメリカ人もドイツ人も自分の国に帰って蝶々夫人も、お滝さんも捨てられたんだから。  許さん  


でも後世に残る世界でも最も有名な長崎の女性。(大和なでしこ)それは本当だから。やっぱりすごい日本人女性なんだ。そうだ。今でもオペラの代表作。そう思えば少し救われるけど・・・。 

逆に「GEISHAが今でも日本には居て、外国人には都合の良い素晴らしい女性。だから会ってみたい!!」 何て言われる元にもなってる。あ~許せん。
 
そういえば、この私迄メキシコ時代に中国人映画監督で、メキシコの有名な俳優の相手役で「蝶々夫人」役を頼まれた事がある。

日本から和装結婚式用の内掛けや髪飾りも取り寄せた。

でも結局断った・・・。


断らざるを得なかった。女優デビューを諦めざると得なかった。(理由はここでは言えませ~ん)

そして他の人が主演して映画が出来た。 ちょっと残念だったな。今思うと。

そんな事も思いながら昨日は観劇した。素晴らしい歌と演技。

今迄、見た中で一番最高だった。

Photo

開演前のヤマハホールロビー。 完売。満席。素晴らしい。

Photo_6

プログラム。 4人の出演者。物語を読み上げる人。 
15分の休憩時間の間にあっという間に2部の「マダムバタフライ」の舞台を創ってしまった大道具さん二人。
イタリアから来られた凄いピアニスト Marco Boemi氏
そして演出家。 

左の人がその凄い演出家さん。ピアニストのマルコ氏。 蝶々夫人の平井さん。

そして俳優の高橋克典さんも。

Photo

少ない人数で凄いハイクオリティーのオペラが出来上がった。

特に、普通ならオーケストラで演奏する1~3幕をピアノ1本ですごい迫力で演奏した

MARCOさんには脱帽した。凄い音楽家だ。(1部からの演奏時間は2時間にも及んだ)


Photo_5

左から。 
いつもはピアノ伴奏される今東 薫さん。今回ご招待して下さった方です。それも音も舞台も一番良く聴こえ観える場所を下さいました。m(__)m 感謝。


蝶々夫人役 ソプラノ 平井富司子さん。


蝶々夫人を支える「スズキ」役 メゾプラノ秀治晴美さん。

Photo_3

ピンカートンと結婚式を挙げる前の蝶々夫人

Photo_4

高橋克典 ピアニストでイタリアの巨匠 Marco Boemi 氏

下のリンクは高橋克典さんは今朝ブログに昨日の「蝶々夫人」を投稿した記事です。
https://ameblo.jp/takahashi-katsunori/entry-12288460971.html

Marco Boemi 氏は昨日の打ち上げの後、最終便でシンガポールへ向かったそう。


今日はシンガポールでオーケストラの指揮を取っているのだとか。
(世界中の劇場でオーケストラの指揮を取っている巨匠だとか)

目が回りそう

Marco_boemi_2

一人一人のクオリティーが高いとはこの事だと痛感させられた。

人間どこまでやれるんだろ。 凄いな。人間。

又次の公演を楽しみに待ってよう。 充実した一日となりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

大地の詩 2017 

 24日。 彩の国さいたま芸術劇場に行ってきました。 


Photo_5
Photo Photo_4

去年も大地さんのお母さん。吉武まつこさんのコンサートを見に行った時に大地さんやスペインから帰って来られて娘さん萌ちゃんも出演されてて。その時に初めて大地さんの唄を聴きました。 

KOJIと吉武まつこさん。
Koji

今回発売されたニューシングル。私の大好きな2曲が入っていて皆に宣伝してます。
素敵な歌。 グラナダ GRANADA & CARUSO カルーソ です。

Cd

CDサイン中
Yちゃんも私達推薦の大地さんコンサートを堪能してくれたみたい。
終演後すぐに並んでくれてサインを貰うのに早くもらえて大助かり
Yちゃんいつもいつも有難う御座います。

Youko
私も待つことなく直ぐに順番が。

Cd_ta
  今回は彼中心のコンサートなのでどう変わっているのか楽しみでした。 

ミュージシャンはピアニストの飯田さん率いる面々。アレンジもセットリスト(プログラム)も息をもつかさぬいい感じであっという間に2時間が過ぎてしまいました。


大地さんの衣装も素晴らしかった。

お母さんがとても個性的な衣装やステージデコレーションをする方なので、しっかりそのDNAを発揮。男性では中々珍しいな~と思いました。

IRVING 兄弟の「まさ」もやはりおります。(笑)

Photo_2

こちらは噂の「The OKAN's」 二人が一緒になるとうるさいです。(笑)

Photo_3
 
仲良し松村湧太君も捕まえて。4人で

Photo_6

話が尽きませんが・・・。 後ろに沢山並んでいるのでさっさと切り上げました。(笑)


Hanasi

皆さんも是非「吉武ファミリー」のコンサート観に行って下さい。
(吉武まつこ・吉武大地・吉武萌 秋に向け色々盛りだくさんです。)

楽しいですよ!! (○゜ε゜○)ノ~~

Cd_takako

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

ENSAYO リハーサル

今日は久しぶりのメキシコ人メンバーとのリハーサルでした。

ペルーサが居る時は家族でするのでそれに慣れてしまってるけど、居ない時は他のメンバーを探します。


前はキューバ人のペドロさん。今回はメキシコ人のアレハンドロさん。

やる音楽はアルゼンチン。ペルー。メキシコ。

アレハンドロさんはメキシコ人なので南米の音楽は余り知りません。
前回一緒にしたペドロさんもキューバ人なので南米の音楽は余り知りません。

こんな時はどうするかって??

私とKOIが中米。メキシコ、キューバ音楽をするのです。ψ(`∇´)ψ 🎸🎤

知らない間に経験を世界中で積み、気が付いたら何処の国の音楽もそれなりに出来るようになっていました。

出来ないのはアジアの音楽。韓国や中国や台湾や・・・。
お隣さんが出来ずに日本から1番遠い国の音楽が出来る。

ヘンな運命に生きてます。

四国の田舎で生まれ育った私が気が付いたらこんな風に・・・。
今日のメキシコ人も「TAKAKOはもう日本人じゃないよね~」と笑いながら言ってましたが。
変わったのではなく元々小さい時からこんな性格でした。

人見知りしない。誰とでも仲良くなっちゃう。オープン

何が違ってたかというと、日本では段々大きくなるにつれて「もう〇〇になったのだからそれではいけないよ。もう少し〇〇になりなさい」とダメ子ちゃんだったのが、海外では「オープンに感じたまま生きなさい。感情を表現しなさい」まるで日本と逆の事を言われ、私の性格ではそれがとても楽でした。

そこで私も人間的にも音楽的にも大きく変わり、人目を気にせず自分をまま出せて、感情も表現出来て、とても自然体になれたと思います。

そしてメキシコ、アルゼンチンで「ありのままの私」を受け入れてくれた人達にとても感謝しています。

だから何でも吸収出来て、他の人が中々習得できなかった事が楽に覚えられたのかな・・・?と思いました。

これからも思いっきり頑張ります。 まだまだやるわよ~。


GRACIAS A LA VIDA 人生に有難うヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

Los Hermanos Valle バジェ兄弟コンサート

今日は朝から良い天気。 お出かけ日和。

しかし昨日はいきなり天気が急変してしまう1日でした。朝は天気が良かったので気分よく沢山洗濯しましたが、午後から急変!!


慌てて洗濯物を入れ、夕方からは太田区民ホールのJazz倶楽部「Los Hermanos Valle ロス エルマーノス バジェ」コンサートに行って来ました。

Photo

20年位前にオープンした渋谷のキューバレストラン「ムチャーチャ」のオープニングショーでで来日。3ヶ月程ショーをしていた兄弟グループの内2人が日本人の奥さん貰って日本に定住。 その兄弟二人が中心になって行われたコンサートでした。

キューバ音楽はのりもメロディーも良いし、特にこの二人(兄弟全員)一流のミュージシャンなのですっかり聞き惚れてしまいました。

オルケスタ・デ・ラ・ルスのボーカルNORAユニットメンバーでもある弟ルイスも前から知っていたので昨日は嬉しい再会となりました。

兄のペドロは赤坂の某ホテルでつい最近仕事をお願いしたばかり。彼らはなんでも直ぐに出来てしまうので正直とても楽です。

Pedro

本当に熱くノリノリの2時間を満喫し、いつか彼らと一緒に中南米音楽を一緒に出来たら良いな~と思いながら帰って来ました。

KOJIも当然それは感じたみたいでキューバ兄弟に約束をしていました。

Hermanos

他のメンバーも皆素晴らしい演奏でした。
南米音楽とは大分違いますがやはり中南米はリズムの宝庫。
広くて奥深い音楽です。

一生かかっても全部は習得出来ないけど惹きこまれる魅力的な音楽です。

Takako_con_los_valles

いつか皆さんも一度聴きに行かれては如何ですか? 

Los_hemanos_valles

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧